可能な限り
削らず抜かない、
痛くない治療
名古屋市の平安通歯科クリニックでは天然歯を出来る限り長く・多く残せるよう、
痛いところを治す「その場しのぎ」の治療ではなく、「よく診る」虫歯治療を行います。
患者さま一人ひとりのお口の状態を把握し、最適な治療プランをご提案するとともに、
確かな技術と充実の医療設備で、不安や恐怖心を軽減させる治療を提供します。

治療で一番大切にしていること

*

ご自身の歯をできる限り長く・多く残せるように
虫歯になった歯を削り、被せ物・詰め物をすることで、虫歯になる前のように痛みがなくなり見た目もきれいになりますが、削った歯は再生しないため天然の歯に戻ることはありません。
さらに治療後も以前と変わらない生活や意識のままでは虫歯が再発してしまいます。虫歯になったら削って詰めて…と繰り返すことで、ご自身の歯はみるみるうちに減っていき、健康だった天然歯はもろく・寿命も短くなってしまいます。
だからこそ当院ではなるべく削らず抜かない「MI(Minimal Intervention=最小限の侵襲)治療」に取り組み、出来る限り天然の歯を残せるように努めています。また、残った歯をこれ以上削ることがないように予防・ケア・メインテナンスで治療後のサポートも行っています。

虫歯に関して

虫歯の原因

虫歯の原因・対策
歯質・食べ物・細菌の3つの要素に時間の経過が加わることで虫歯はできる、と言われています。
お口の中のケアが十分にされていないと、歯の表面に菌の塊「歯垢(プラーク)」が付着します。歯垢には虫歯の原因となる細菌(ミュータンス菌)が含まれており、ミュータンス菌は付着したまま食べ物の糖分やたんぱく質を分解し、それと同時に歯のエナメル質やカルシウム、リンなどの成分を溶かす「酸」を排出します。それによって溶けた部分が「虫歯」になるのです。
歯みがきをしなかったり甘いものをたくさん食べているのに虫歯がない方は、口腔内の細菌の量がもともと少なかったり、溶け出したカルシウムやリンなどの成分を元に戻す「だ液」の働きが強い方です。
  • 歯質
    歯質の強さは一人ひとり異なり、虫歯へのなりやすさにも影響します。
    よく噛んでだ液の分泌量を増長させたり、歯の再石灰化促進のためにフッ化物を利用することで、歯質を強化することができます。
  • 糖分
    砂糖の摂取を控えるなど、バランスのとれた食生活を心がけましょう。また、食後はお口の中が虫歯になりやすい酸性の状態になってしまうので、間食の時間を決めてだらだら食べ続けることを控えましょう。
  • 細菌
    歯科医院にて定期的な検診・メンテナンスを受け、歯垢(プラーク)を除去しましょう。虫歯の原因である細菌の活動を抑える働きを持つキシリトールやフッ化物配合の歯みがき用品の使用も効果的です。
虫歯はこうして進行します
  • 歯の表面に虫歯ができます

    歯の表面に虫歯が
    できます

  • *
  • 虫歯が神経に近くなり、冷たいものがしみます

    虫歯が神経に近くなり、
    冷たいものがしみます

  • *
  • 熱いものがしみて、ズキズキ痛みます

    熱いものがしみて、
    ズキズキ痛みます

  • *
  • 神経が死んでしまい、痛みを感じなくなります

    神経が死んでしまい、
    痛みを感じなくなります

虫歯は痛みがなくなっても
進行します!
神経が死んでしまった虫歯は痛みを感じなくなります。しかし虫歯の進行はそのあとも続き、細菌や膿が歯根の先に溜まって炎症になり、硬いものを噛むと痛みや違和感を覚えるようになります。まれに、そこから細菌が侵入して全身に危害を与えてしまう可能性もあるため、虫歯をそのままにしておくことは大変危険です。
虫歯は予防することが一番ですが、もしなってしまった場合も放置せずに早めに治療を受けるようにしましょう。

進行した虫歯の治療

*

歯の根にまで進行した虫歯菌を徹底除去
歯の根には、神経や血管が入っているとても細い管「根管(こんかん)」があります。虫歯菌などの細菌が根管にまで侵入し、根の先端にまで感染が及ぶと、既に神経のない歯でも酷い痛みや腫れが生じてしまいます。そこまで悪化すると、根管内の感染物質を除去してキレイに掃除する「根管治療(歯内療法)」が必要になります。
根管治療は歯という小さい部位の、さらに奥の暗くて狭い場所で行うため、ミクロ単位の精密さが必要になります。平安通歯科クリニックでは精密で的確な根管治療・歯の神経の治療を行うために、マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を使用することで、従来抜歯しなければならなかった歯でも、できるかぎり残せるよう努めています。

マイクロスコープについて

ページの先頭へ戻る