歯周病は
歯を失う原因第1位
歯周病とは、歯を支えている組織から痛みもなく静かに崩壊させていく、
虫歯より多くの割合を占めた「歯を失う原因第1位」の恐ろしい感染症です。
現在、日本の成人の約80%が罹患しているとも言われているため、
心当たりのある方は早めに歯科医院へ行き、予防・早期発見に努めましょう。

気付かないうちに
静かに進行しています

歯石と歯垢がたまり、歯槽骨で歯を支えられずグラグラに…

手遅れになる前に歯科医院へ
歯周病は原因となる細菌がお口の中に定着することで炎症が生じ、歯ぐきが赤く腫れてしまう「歯肉炎」から始まり、歯の周りの組織(歯周組織)を徐々に破壊していきます。
歯周病は「サイレントキラー(静かな殺し屋)」とも呼ばれるように、痛みもなく静かに進行していき、気が付いた時にはすでに重症となり最終的には歯が抜け落ちてしまう、とても恐ろしい感染症です。
そして1本の歯だけに留まらず、お口の中全体に菌を広げていきます。
歯周病とは無縁、と思っている方も
歯周病の
症状をチェック
  • 起床時、お口の中がネバネバして不快

  • 歯と歯の隙間によく食べ物が詰まる

  • 歯みがきをすると血が出る

  • 歯茎から膿が出る、赤く腫れている

  • 歯茎が前よりも下がったような気がする

  • 歯がぐらぐらする、浮いているような気がする

  • 自分の口臭が気になる

  • 硬いものが噛みにくい、噛むと痛い

当てはまる項目が1つでもある方は、
ぜひ一度歯科医院へ!

歯周病はこうして
進行します
  • 歯と歯茎の間に歯垢がたまります

    歯と歯茎の間に
    歯垢がたまります

  • *
  • 歯茎が赤くなり腫れてきます

    歯茎が赤くなり
    腫れてきます

  • *
  • 歯槽骨が溶けて後退してきます

    歯槽骨が溶けて
    後退してきます

  • *
  • 歯槽骨で歯を支えられなくなります

    歯槽骨で歯を
    支えられなくなります

歯周病は
全身疾患にも関係する

お口の健康が全身の健康に影響する

ただの歯周病、と軽く考えてはいませんか?
歯周病はお口の病気だからと軽視してしまう方が多いですが、歯周病菌はお口の中だけに留まりません。血流に乗って全身を回り、糖尿病・動脈硬化・心筋梗塞・脳梗塞・早産などへも影響を及ぼす大変深刻な病気なのです。
歯を全て失ってしまった人は抑うつや認知症の発症リスクが高くなるという報告もされています。歯周病に限ったことではありませんが、全身の健康を守るためにも、お口の病気を軽く考えずに早めに受診しましょう。
  • 動脈硬化・心臓疾患
    歯周病菌などの細菌が血管に入る際の刺激によって生じる物質が、動脈硬化を引き起こす要因の一つとされています。
    さらにその刺激は血管内に沈着物を作り、血液の通り道を細くしてしまうため、心臓疾患を引き起こすリスクも上げると言われています。
    このように、歯周病の放置は命にも危険を及ぼす危険性があります。
  • 糖尿病
    糖尿病を患っている方は健康な方よりも歯肉炎・歯周炎にかかっていることが多く、さらに歯周病の悪化に伴い糖尿病の症状も悪化することもある、という調査報告があります。
    同じ生活習慣病である歯周病と糖尿病の関係は密接で、歯周病の治療で糖尿病が、糖尿病の治療で歯周病が改善される、という相互関係にあることもわかってきました。
  • 早産・低体重児出産
    妊婦さんが歯周病に感染していると、歯周病菌が血中から胎盤を通って胎児に感染してしまう恐れがあります。それが原因で低体重児や早産を引き起こしてしまうことがあり、その危険率は7倍と言われ、高齢出産やアルコール、タバコなどよりもはるかに高いです。
    生まれてくる赤ちゃんと母体の健康・安全な出産のためにも、歯周病を予防しましょう。

歯周病の予防と治療法

*

軽度歯周病(歯肉炎・歯周炎)の場合
スケーリング
歯周病の原因となる歯石は、硬く固まった歯垢(プラーク)でできています。
通常の歯みがきでは落とすことができないため、スケーラーという専用の器具を用いて小さな隙間などの細部まで歯石や歯垢を除去する「スケーリング(歯石取り)」を歯科医院にて受けていただく必要があります。
さらにスケーリングは歯をきれいにするだけでなく、歯周病の発生・進行(悪化)を予防する効果もあります。

*

中度歯周病(歯周炎)の場合
ルートプレーニング
中度まで進行した歯周病は、スケーリングでは除去しきれないような、歯茎の奥に隠れて見えない歯の根(ルート)にまでが歯垢や歯石付着しています。
そんな歯垢や歯石はもちろん、さらに歯周病菌に感染した歯質などの除去も必要になるため、「ルートプレーニング」という治療も行います。
治療後は歯や歯の根の表面がツルツルになるため、歯垢や歯石の再付着の予防にも繋がります。

*

重度歯周病(歯周炎)の場合
スケーリングやルートプレーニングでは状態が改善されないほど、歯周病が重度にまで進んでしまうことがあります。
このような場合、歯周病で溶けてしまった骨の回復を行う歯周組織再生という治療など、外科的な処置が必要になります。
歯周病には
予防が最も有効

まずは予防、なってしまったら早めに治療を!!

現在、歯周病には様々な高度治療がありますが、日頃から予防して「治療を受ける必要の無いお口に保つ」ことが負担も少なく最も効果的です。
毎日のセルフケアで歯垢を取り除き、歯垢が歯石にならないように少なくとも半年に一度は定期検診へ通うようにしましょう。
定期検診では歯科衛生士による歯垢・歯石の除去はもちろん、歯の健康チェック、正しいブラッシング指導、PMTCなどのクリーニングやケアを行っています。

予防歯科について

ページの先頭へ戻る