歯を失う前と
変わらない毎日を
病気や事故により歯を失った方、先天的に歯の本数が足りていない方は、
表情が不自然になる、老けて見られる、食事や会話がしにくい、などの
ご不満やストレスを日々感じているのではないでしょうか?
平安通歯科クリニックではインプラント治療を通し、そのようなお悩みを解消します。

インプラント治療とは

*

「第二の永久歯」をつくるための治療
インプラント治療とは「インプラント」と呼ばれる人工歯根を、歯を失ってしまった部分に埋め込み、その上に人工歯を装着する治療です。天然歯とほとんど変わらない見た目・噛み心地で、歯を失った部分の機能を回復させ、歯を失う前のような生活が出来るようにします。
当院のインプラント治療の特長
    • インプラントシステム
      当院では多くの実績を誇る信頼性の高いインプラントシステムを採用。チタン製で生体親和性に優れアレルギーの心配もなく、隙間なく連結させられる特殊な構造で細菌侵入も防ぎます。骨の治癒を促進させる効果も期待できます。
      *
    • CT、サージカルガイド
      CTによって多角的・綿密なインプラント埋入シミュレーションを行い、そこで導き出された理想の埋入位置・深度・角度を実現するために、マウスピースのような形状のガイドを作製。より的確で安全な埋入手術を行えます。
      *
    • 院長の技術・知識
      日本口腔インプラント学会の専修医でもある院長が、専門的な知識・技術と共に、これまでの経験を活かしたインプラント治療をご提供いたします。
      *

インプラント・入れ歯・
ブリッジの比較

*

一人ひとりの状態・要望に最適な治療法を
失った歯を補う方法として、今までは「入れ歯」や、失った歯の左右の歯を削って人工歯を橋をかけるように被せる「ブリッジ」を採用することが主流でした。しかし、自分の歯のように噛め、周りの歯を削る必要がないインプラント治療が、入れ歯やブリッジの欠点を補うことが出来る治療として、多くの方から支持されるようになっていきました。
だからと言って、すべての患者様にインプラント治療が最適だとは断言できません。一人ひとりのお口やお身体の健康状況やご要望から、入れ歯やブリッジの方が適している場合もございます。無理にインプラント治療を勧めることはありませんので、まずはお気軽にご相談ください。
  • インプラント
    *
    • 自分の歯のような違和感のない噛み心地
    • 天然歯と変わらないきれいな見た目
    • 治療するために健康な歯を削る必要がない
    • 自由診療(保険適用外)なので治療費が高くなることがある
    • 手術が必要
    • 比較的、治療に時間がかかる
  • 入れ歯
    *
    • 保険診療のものであれば比較的安価
    • 比較的、治療が簡単で短期間で終わる
    • 自由診療で材質を選択することで、見た目を天然歯に近付けることが可能
    • 硬いものが食べにくい
    • 入れ歯に食べ物が挟まって虫歯になる危険性がある
    • 保険診療の部分入れ歯は場所によって金属が見えることがある
  • ブリッジ
    *
    • 保険診療のものであれば比較的安価
    • 自由診療で材質を選択することで、見た目を天然歯に近付けることが可能
    • 比較的、短期間で治療が終わる
    • 噛み心地に違和感がほとんどない
    • 周りの健康な歯を削る必要がある
    • 支えとなる左右の歯に負担がかかる
    • 歯肉との間に食べ物が挟まって虫歯になる危険性がある
    • 支えとなる歯の無い、多数〜すべての歯を失った場合には適用できない

インプラント治療の流れ

  • *
    カウンセリング
    平安通歯科クリニックでは、治療に入る前にカウンセリングを行います。
    患者さまに最適な治療プランをご提案出来るよう、歯を失ってしまった原因から求めている回復など、インプラント治療自体に関わることはもちろん、患者様のインプラント治療に対するお気持ちなども丁寧にお聞きします。不安な点など些細なこともご相談に乗りますので、お気軽にお申し付けください。。
    1
  • *
    精密な検査
    レントゲンやCT、口腔内写真の撮影、血液検査や口腔内検査などでお口やあご、お体全体の状態をより的確に確認・把握します。
    ※検査結果次第でインプラント治療を受けられない可能性もあります。ご了承ください。

    歯科用CTについて

    2
  • *
    検査結果に基づき、治療計画を立案
    診断の結果から、必要なインプラントの本数、治療にかかる期間や費用などの治療計画をご提案します。
    当院では患者様に十分に検討していただけるよう、インフォームド・コンセントを徹底しています。患者様が理解・納得された上で治療を開始しますので、ご不明点は気軽にご相談ください。
    3
  • *
    安全に手術するための前処置
    虫歯や歯周病がある方はその治療、インプラント治療に対してあごの骨が少ない場合は骨の再生治療など、より安全に治療を行うために、インプラント手術の前に口腔内の環境を整える前処置を行います。
    4
  • *
    インプラント埋入手術
    安全・確実にインプラント(人工歯根)をあごの骨に埋入できるよう、その患者さまにとって最適な埋入位置をコンピューターで適切に確認し、それを実際の手術時に忠実に実施できるようガイドを作成します。万全な体制で手術が行えるよう、手術の前に綿密なシミュレーションを行います。
    手術の翌日以降から普段と変わらない生活を送ることができます。
    *

    インプラント埋入の部位やお口・身体の状態によって、手術を2回に分けることがあります(2回法)。
    1回目の手術でインプラントを埋入し、骨との結合を待つために治癒期間を置きます。その後、2回目の手術でインプラント埋入位置を再度切開し、アバットメントを装着します。

    5
  • 治癒期間
    埋入手術後、インプラントとあごの骨をしっかりと結合させるために治癒期間を置きます。骨の質やインプラント埋入部位(上顎・下顎)などの違いで個人差がありますが、上顎で4ヶ月〜6ヶ月、下顎で2ヶ月〜3ヶ月ほどの期間がかかります。
    この期間に仮歯を利用することも可能ですので、必要な場合はお気軽にお申し付けください。
    6
  • *
    上部構造の製作
    治癒期間が終わりましたら、まずは上部構造の型取りを行います。
    型取りから1〜2週間後、埋入したインプラント体に上部構造を装着し、その後、様子を伺いながら噛み合わせの調整を行っていきます。
    7
  • *
    メインテナンス
    インプラントは人工歯根なので虫歯にはなりません。
    しかし歯周病はインプラントにとって大敵です。残った健康な歯を大切にするためにも、ご自宅での毎日のケアはもちろん、メインテナンスやクリーニングを受けに定期的に歯科医院へ通い、歯周病を予防しましょう。
    8
ページの先頭へ戻る