オーダーメイドの
精密な入れ歯
硬いものが噛みにくい、笑うと落ちそうなど、入れ歯に対するご不満はありませんか?
当院の院長はBPSデンチャー認定医のため、一人ひとりの顎や筋肉の動きや噛み合わせ、
歯の色や形などに合わせたオーダーメイドのBPSデンチャーの製作も可能です。
その他にも精密な入れ歯を多数ご提供していますので、お気軽にご相談ください。

一人ひとりに最適な入れ歯を

*

まずは現状とご不満・ご要望を伺います
入れ歯には部分入れ歯と総入れ歯があります。歯を数本失ってしまったのか、ほとんど残すことができないのかによって分かれますが、お口の状況によっては入れ歯以外の治療も選択できることがあります。
最適な治療や入れ歯をご提案するためには、お口の状態の把握と現在使用している入れ歯があればそれに対するご不満やご要望を伺うことが必要不可欠です。当院の入れ歯治療は、丁寧なカウンセリングを行うことから始めます。
様々な素材の中から患者さま一人ひとりに適切なものを選定し、メリットとデメリットをわかりやすくご説明した上で、患者さまご自身に納得のいく素材を選んでいただきます。ご不明な点は些細なことでもお答えしますので、初めて入れ歯を作るので不安…という方もご安心ください。
  • 部分入れ歯
    歯を部分的に失ってしまった場合の入れ歯です。
    歯茎を補う床(しょう)、歯の代わりとなる人工歯、そしてそれらを残った歯に固定するための留め具(クラスプ)から構成されます。
  • 総入れ歯
    全部もしくは大部分の歯を失ってしまった場合の入れ歯です。歯茎を補う床(しょう)、歯の代わりとなる人工歯から構成され、それらは粘膜の吸着力を利用して口腔内に維持されます。

入れ歯(義歯)の種類

保険診療の部分入れ歯と総入れ歯

保険診療の入れ歯
保険診療では材質が選択できません。クラスプ(留め具)は金属、人工歯と床(しょう=歯茎となる部分)は樹脂(プラスチック、レジン)に限定されてしまいます。
部分入れ歯は場所によって一目で入れ歯だと気付かれてしまったり、総入れ歯は床部分のプラスチックに耐久性の問題から一定の厚みが必要になるため、装着時に違和感を感じたり、食べ物の温度や味が遮断され、食事を存分に楽しむことができないというデメリットがあります。
メリット
  • 保険が適用されるため、費用が比較的安価。
  • 破損した場合もすぐに修理ができて安心。
デメリット
  • 変色やすり減りなどの経年劣化が起こりやすい。
  • 厚みが装着時の違和感につながる。
  • 食べ物の味や温度を伝えにくい。
  • 比較的、臭いや汚れを吸着しやすい。

自由診療の部分入れ歯と総入れ歯

自由診療(自費診療)の入れ歯
自由診療(自費診療)では、ご要望に合わせた素材を自由に選定していただけるため、保険診療の入れ歯のデメリットが解消されます。
クラスプ(金属の留め具)の要らない部分入れ歯、丈夫で熱伝導率の良い金属素材、臭いがつきにくい素材なども選んでいただけ、選択肢が広がります。人工歯の素材も選択できるため、より天然歯に近い見た目を追求していただくことも可能です。
自費診療でしかできない、審美性・機能性にこだわったオーダーメイドの精密な入れ歯を提供します。
メリット
  • クラスプ(留め具)をなくすことが可能なので、見た目の問題や金属アレルギーの心配がなくなる。
  • 審美性や機能性の追求で、より本来の歯に近付けることができる。
  • やわらかい材質や薄い金属素材の選択ができ、装着時の違和感がほとんどない。
デメリット
  • 自由診療なので比較的費用負担が大きい。
自由診療でオススメの入れ歯
  • *
    BPSデンチャー
    「BPS」とは、高品質の入れ歯を作製するために歯科先進国の技術を駆使して開発された”生体機能的補綴システム”の略で、認定医のみが扱えます。
    BPS認定医である院長が、患者さま一人ひとりの顎や筋肉の動き、噛み合わせ、歯の色や形など、お口の状態を細部まで正確に確認し、把握します。
    その上でBPSのシステムを利用する結果、まるで本来のご自身の歯のような噛み心地と見た目をした入れ歯を作製することができるのです。
  • *
    ノンクラスプデンチャー
    床部分と歯を固定する装置が歯肉に近い色の柔らかい素材でできており、その名の通り、従来の部分入れ歯のようなクラスプ(金属の留め具)のない入れ歯です。
    歯肉と同化して目立たないため、入れ歯を装着していることが周りの人から気付かれにくい見た目になります。
  • *
    金属床義歯
    歯肉に触れる部分が金属素材でできている入れ歯です。
    耐久性に優れているため、保険診療の樹脂の入れ歯の3分の1程度まで床部分を薄くすることが可能です。
    装着時に違和感を感じることもほとんどなく、素材と薄さから熱伝導率にも優れているため、食べ物の温度を感じながら食事を楽しむことができます。

大切な入れ歯は
メインテナンスを

*

定期的なメインテナンスで入れ歯は長持ちします!
毎日の洗浄や歯科医院でのクリーニングを怠ることで入れ歯に汚れがたまり、それが口臭の原因になることはもちろん、土台の歯が歯周病になって抜けてしまい、せっかく作った入れ歯を作り直さなければならないこともあります。
入れ歯自体を清潔に保つことはもちろん、お口の健康維持をすることも、大切な入れ歯を長く使用するために必要になります。そのためにも、ご自身での歯みがきに加え、定期的に歯科医院での検診やクリーニングを受けましょう。
ページの先頭へ戻る